事故をおこしても売れる|愛車とさよならの時|車買い取りで損しない方法
ミニカー

愛車とさよならの時|車買い取りで損しない方法

事故をおこしても売れる

作業員

技術が高い

ひと昔前までは事故をおこした車は売れないため廃車扱いとされていたが、今は事故車でも高く査定してもらえる時代だ。その理由は、海外で日本の車が非常に性能が良く、修理の技術も高いと認められているからである。国内で売れなくても、海外で使われるために高い査定額を出してもらえる。ただ、普通の買い取りショップでは扱ってもらえないので、事故車を買い取ってくれるショップをインターネットで探さなくてはならない。そして、何においても査定をしてもらう前はだいたいの相場をチェックしておくのが常識である。1ヵ所の業者だけにこだわっていると高く売ることはできない。いくつか選んで、1番高い査定額をつけてくれた業者を選ぶと良い。

住所を公表している業者

水没などで再起不能になってしまった事故車でも、パーツの状態が良いと中古パーツとして買い取ってもらえることがある。そのため普段からタイヤやハンドル、シートなど部品を大切に使うと良い。また、鉄やアルミなどリサイクル品として高く売れることもある。想像をはるかに越えた査定額がついて驚かれることもあるようだ。事故車を買い取ってもらうときは業者が違反している業者でないか、優良な会社であることも確認しておかなくてはならない。住所を公表せずに電話番号だけホームページに掲載している会社は、責任を問うと逃げられてしまう可能性もあるので注意が必要だ。トラブルを防ぐためにも、住所が明確に掲載されている業者を選ぶようにする。